棟板金のめくれ ▶可決金額35万円!(京都府 向日市)

京都府 向日市 N様邸

棟板金のめくれ

可決額 350,000円!

▼施工前

▼施工後

向日市より、弊社HPよりお問い合わせを頂いたお客様です。
大雨や台風の影響が気になっていたところで弊社HPを見つけて頂きお問い合わせをくださったそうです。
調査にお伺いし、棟板金のめくれを確認。
今回は、板金を新しく設置し直して対策!

住んでいる家の屋根は普段あまり気にしない部分ですが、知らない間に損傷がどんどんひどくなってしまっているケースが多いです。
強風で知らない間に棟が浮き上がってしまい、そこから雨水が入って雨漏りに繋がることも。
風災被害の申請は3年間の期限付き。もし直せる箇所があれば、早く申請しないと下りるはずの保険金も下りなくなってしまいます。

今は目に見えた被害がなくても、次の雨や台風で屋根や外壁が破損してしまう可能性は十分にございます。大きな災害が来ても少ないダメージで済むように、修理できるところはしっかり修理しておくことはとても有効な防災方法です。
大きな被害が出る前に、一度ご自宅の点検を信頼できる業者さんに依頼されてみてはいかがでしょうか?
普段から付き合いのある業者さんがいない…
という方、弊社の調査・ご提案サービスをご利用しませんか?
火災保険はもちろん、地震保険の申請サポートも受け付けており
知識と経験豊富なスタッフがお客様に最適なご提案をいたします!
ちょっと気になることがあるので聞いてみたい、といったお問い合わせでも結構です。
弊社は無理な工事のご提案や、申請が却下された際の料金の請求は絶対致しません。ご安心ください!